シーリング工事
サッシの周囲・外壁の繋ぎ目等の間隔に工事を施し外気の侵入や漏水を防ぎます。

シーリング工事の様子

建物の外壁は、昼夜の温度差にともなう伸縮、地震・風圧による振動などで部材にひび割れや浮き等が生じることを防ぐために目地(隙間)が設けられています。
これらの目的を埋めるために、シーリング材という弾力性のある不定形材料を充墳する技術がシーリング工事です。
シーリング材は、一般に年数の経過と共に硬化したり破断したりするため、定期的な補修を行う事が必要となります。

大久保工業では、精度の高いシーリング工事を実施。きめ細やかなメンテナンスも含めて対応します。

シーリング工事の工法

建物の状況や現状を調査して、最適な工事の方法をご提案致します。

変性シリコンシーリング

シリコン剤は通常、上から塗装をしても剥がれてしまいますが、変性シリコンを用いることで、塗料が塗れる素材です。シリコンタイプのものはウレタンタイプのものに比べてやや固めでキッチン、風呂場など常に水にさらされているような所の防水に使います。ガラスもシリコンシールでサッシに固定されています。下処理としてのプライマー塗布を怠らないことが長持ちの秘訣です。

ウレタンシーリング

ウレタンシールは外壁の目地、コンクリートの壁と金属の取り合いなど日光や気温によって収縮しすこしサイズが変わってしまうような場所の防水に使います。シリコンよりも柔軟性 がありますので。 コンクリート面になぜ目地がはいっているかと言いますと、亀裂が入った場合にそこでヒビがとまる様にという配慮からです。

ご質問・ご相談、お気軽にご連絡ください
お電話のお問い合わせはコチラ

092-410-6402