外壁補修工事
もっと強く。いつまでも美しく。大切な建物の資産価値と美観を守ります。

外壁補修工事の様子

ビルやマンション等の建物は主に鉄筋とコンクリートで作られていますが、残念ながら年数が経過するとともにひび割れや腐食などの劣化症状が進行していきます。
特に外壁仕上げ材の劣化を放置すると、建物の美観や資産価値を損なうだけでなく、最悪の場合はコンクリートの塊やタイルが落下し、重大な事故につながる可能性も出てきます。
このような不具合を防ぐため、大久保工業では建物の劣化状況を詳細に調査し、状況に合わせて外壁の適切な補修を実施しています。

外壁補修工事の工法

建物の状況や現状を調査して、最適な工事の方法をご提案致します。

注入工法

外壁がモルタル仕上げの場合、仕上げモルタルと内部の鉄筋コンクリート構造体との間で浮 きが発生することがあります。また、鉄筋コンクリート構造体の仕上げ精度によってモルタルの仕上げ厚が変わってくる為、この時の塗り重ねによって塗り層間にも浮きの発生が、見受けられることがあります。これらの現象に対しては、浮きの空洞部分に、エポキシ樹脂接着剤を注入し、仕上げと構造体を一体化させます。

ひび割れの補修工法

ひび割れの規模や程度によって適した工法を選択します。

充填工法

モルタル仕上げの外壁は、風化や雨水の浸入などによって弱った部分の剥離や、浮きの劣化促進によってモルタル層が剥離するほか、鉄筋や手すりなど埋設金物の腐食による押し出しなどモルタル層の欠損とコンクリート構造体の欠損をともなう場合があります。

ピンネット工法

一般的なピンニング工法に比べピンの本数が少なくてすみ、浮き部への注入をしないので経済的です。また、特殊モルタルとガラス繊維ネットを使うことで、モルタル層が補強され耐久性が高まります。

ご質問・ご相談、お気軽にご連絡ください
お電話のお問い合わせはコチラ

092-410-6402